身近な言葉の文化

方言とは少し違ってくるのかもしれませんが、言葉の文化の違いというのは実は誰でも一度は感じているものです。それは外国語などではなく、同じ日本語の中で感じ取っているものです。小学校や中学校は地域によって分けられており、その地域の子どもたちが集まってくることになります。学校ごとにはやっている遊びや流行しているものというのは変わってくることでしょう。しかし変わらず子どもに人気の遊びというものはあり、どこの学校でもその遊びをしているという状況はよくあります。中学校などに進学し、少し違う地域の子達と友達になると、遊びや趣味のことで盛り上がることも多いと思います。そのようなときに誰しも感じたことのある違和感というのがあります。それはやっている内容は同じであるのに、呼び方やルールが違ってくることによって起こってきます。これは学校という身近な場所で感じることができる地域の言葉の変化というように捉えることができるでしょう。実は学校でも日本各地で存在する方言と似たようなことが起こっていて、多くの人が体験していることになります。自分たちの地域では普通であったことが他の地域の人からすると、違和感を覚えるものである、また逆もあるということは非常に方言と通ずるところがあると感じます。これらのほかにも言葉の意識の変化というのは気づいていないだけで多く存在するのかもしれません。方言は最もわかりやすく言葉の変化を表している重要な情報であると考えられます。