各地域に見られる方言

方言というと田舎というイメージをもつ人は多いと思います。しかし実際には都会であろうが田舎であろうが方言というのは存在します。どれだけの人が使っているかによって印象やイメージが大きく変わってきます。方言はその時の歴史や文化を色濃く残していることもあり、非常に貴重な日本の財産でもあります。そのため方言は今後の日本の為にも残しておく価値が十分にあるものだと思います。しかし一方で情報社会となりつつある日本の社会において方言は不便なものとして見られるような風潮もあります。また共通語が全国どこでも聞けることから、方言の存在は徐々に小さなものへと変わりつつあります。東京などの情報が多く飛び交う都会では方言というものの存在は非常に小さなものです。時代の移り変わりと言ってしまえばそうなってしまいますが、多く歴史的背景をもっている方言を消してしまうのはあまりにもったいないことです。共通語を活用することは、情報を正確にすばやく伝えるのに適していると思いますが、それとは別に、日本の文化としての方言を地域で大切にしていくことも必要になってくるのではないでしょうか