方言とは何か

方言というものに触れたことがある人は非常に多くいるのではないでしょうか。自分の使っている言葉が方言であるという人も当然いると思います。日本には多くの特徴的な言葉があり、それぞれ歴史的背景をもっていることも少なくありません。言葉を含めて日本の財産となっています。自分たちが考えている方言というのは、いわゆる特別な発音をしたり、聞きなれない言葉をつかったりする場合のことを指しますが、語学的な観点から言うと少し変わってきます。ある地域にある特徴的な言葉だけではなく、その地域で話され散る全ての言葉を方言と指します。そのため自分たちと同じような話し方をしていても、その地域の方言ということになります。そのため、方言をもっていない人はいないことになります。いわゆる一般的に方言と言われている地域の特徴的な言葉のことは、語学的には俚言と呼ばれています。日本ではあまり見られませんが、身分の階級によって話し言葉が違うというのは世界ではよく見られます。これも方言の中に含まれるものであり、社会方言と呼ばれています。方言といっても実に様々な形をとっていることがわかります。