方言の分布

方言には実に多くの種類が存在しますが、その種類に応じて分布の仕方も様々となっています。細かく分けていくと、膨大な数になってしまうので、大きく分けて代表的なものを紹介していきたいと思います。あまり聞きなれないような言葉が出てきますが、文化の広がりとも捉えられるので、地域の新しい見方にもつなげていくことができます。代表的な文武の一つに東西対立というものが存在します。これは名前の通りに東と西に分かれているもので、ある境界線を境に言葉の使い方が変わってくるものです。境界線ははっきりとしてはいませんが、中部地方を中心に言葉の変化が見られるようになってきます。比較的変化の大きい言葉が多いので、東から西へ西から東へ行く人は言葉の変化に戸惑うことも少なくありません。次に方言周圏分布です。これは文化の中心であった、京阪神の周辺で見られるもので、かつての都独自に鉛や、言い方というものになります。そのため昔からいる人と、新しく来た人とでは意思の伝え方に違いが見られることもあります。全国共通分布は、日本のどこに言っても通じるということを示しています。これは共通語とも取れますが、若干音の発音が違ったりすることもあるので、共通語として通じないことも良くあります。文化の中心として栄えていた場所には比較的方言が残りやすく、また周囲に広がっている場合が多くあります。

ルテインをおさがしの方にはここがお勧め
http://www.iccandthestate.org/luteko/luteha.html