琉球方言とは

本州から少し離れた島として非常に有名な観光スポットとなっている沖縄ですが、当然方言というものは存在します。島国である為、独自の文化が栄えてきたことで有名でもありますが、それは環境などと同じように言葉にも見られるものなります。独自の方言を宣伝文句などに活用し、沖縄をより多くの人に知ってもらおうと活動している人々も多くいます。本州の日本とは少し違う形の日本を見せてくれる県と言えるでしょう。沖縄はもともとは本州の言葉と同じような言葉を使っていたのですが、奈良時代の頃から独自の文化を気づき始め、それに伴い琉球方言というものができてきました。現在では共通語も沖縄では多く見られるようになりましたが、本州で使われなくなったような言葉も沖縄では使われていたりします。独自の言葉となっていますが、本州との言葉のつながりは非常に深いものがあります。沖縄にいって日本語のような言葉に思えないような言葉を聞いたことがある人は多いと思います。そこにも沖縄の特徴があります。一般的に沖縄の言葉は、共通語と似たような箇所があるのですが、宮古島などの方言となると、共通語とは全く異なる言語でコミュニケーションがとられていることも少なくありません。同じ沖縄ですが、沖縄の言葉と宮古島の言葉は全く異なっているものと言えるでしょう。感覚としては外国にいっているような雰囲気を感じると思います。ただこれこそが沖縄の魅力であり、多くの人をひきつけるようなのではないでしょうか。独自の文化を体験できる貴重な場所のひとつとして存在しています。