西部方言とは

西部方言には、北陸方言、近畿方言、中国方言、雲伯方言、四国方言というものが含まれています。この地域の方言は似たような特徴をそれぞれ持っているのが特徴であり、その中で独自のアクセントなどを持っているというような方言となります。そのため細かなところで違いを感じることが多いのではないでしょうか。北陸の方言は近畿地方のアクセントが変化して方言となっています。そのため独特なアクセントをもっていて、この地域ならではの言葉遣いを感じられます。近畿の方言とは非常に似たような部分も多く、近畿地方の方言に慣れ親しんでいる人は大きな違和感を感じることはあまり多くありません。近畿地方の方言は多くの人が知っている方言となります。いわゆる大阪弁と呼ばれるものもこれに含まれており、方言の中でも有名なものとして存在します。アクセントは独特なものですが、テレビなどのメディアで耳にすることも多い為、そこまで違和感を感じないですみます。ただ、少し細かな方言や聞きなれない言葉であるととっさの理解が難しくなることがあります。聞き間違いなども多くなります。中国地方の方言は近畿地方の方言に似ているところもありますが、基本的にこの地域独自の方言が多く存在します。語尾の言葉や言葉使いなどは独自性を持っています。雲伯方言は、東北と似たようなズーズー弁による方言となっています。発音なども東北の方言と似ていることが特徴です。都から言葉が伝わったとき、その言葉をあまり変化さえずに、使ってきたことによって、東北のなまりがこの地方でも見られると考えられています。東北地方の方言をこの地域で体験できるのは、新鮮かもしれません。四国の方言は近畿と中国の両方の特徴をもっている方言となります。