東部方言について

東部方言とは北海道の方言から東北の方言、関東の方言、東海東山の方言、八丈島の方言などのことを指します。非常に広い範囲であり、東部方言と一言に言ってもその特徴は大きく変わってきます。北海道の方言は、陸が離れていると言うこともあり、独特なものでありますが、最近では共通語かが進んでいて、都市部などでは共通語を聞くことのほうが多くなってきています。また独特ななまりには東北の方言と似ているようなものもあります。東北の方言は比較的有名であり、特徴的な発音からすぐに方言だとわかる人もいるぐらいです。まだ独特の言い回しも存在し、共通語に慣れ親しんでいる人は少し戸惑いを感じるような場合も少なくありません。関東の方言はあまり見られなくなっており、共通語化が非常に進んでいます。東のほうではまだ方言が見られるようなこともあります。そのため同じ関東でも、雰囲気やしゃべり方と言うのは大きな違いが見られることもあります。東海東山の方言は非常に多様性をもっています。西と東の境目のような感じとなりますので、少し移動しただけで言葉使いやニュアンスが変わっていくという体験ができます。人によってはこの頻繁な方言の変化がストレスになってしまうようなこともあるでしょう。多くの方言を体験したいという人は一度訪れてみると良いのではないでしょうか。八丈島は東京に含まれる地域ですが、方言の上で東京の特徴と言うのはあまり受けていません。独特の方言が存在し、この地域ならではの方言を感じ取ることができます。方言を聞いていると、東京ということをあまり感じさせないような雰囲気を作ってくれます。