東京にも方言は存在します

東京は方言ということとあまり縁がないように思えますが、東京にも方言は存在します。語学的に言うと、方言がない地域というのはなく、どこにでも必ず方言は存在することになります。しかし実際東京の方言といわれても想像できる人は少ないと思います。そのとおりであり、東京では方言というのがなくなりつつあります。かつての東京も方言と共通語を使い分けている時代があり、その地域性をもっていたこともあります。しかし現在ではそのような姿はほとんど見られません。これは情報の多さが非常に大きく影響しており、ラジオやテレビの普及に伴い、方言ではなく共通語を主体とする人々が増えてきました。また、情報の伝達方法として、共通語は優れている為共通語の方言は活用しないほうが良いという人々の考えも大きく影響してきてします。そのため東京の外から来た人は自身の方言をコンプレックスに感じるような人も多く、悩みのタネになっているということも少なくありません。また高齢者の人であるとまだ方言というのが残っている傾向が強く、東京の方言を聞けることもあります。ただ、全国的に自分たちが普段何気なく使っている言葉が実は東京の方言であったということもあり、方言でしゃべっていると言うことはあまり実感できないかもしれません。